18
June , 2018
Monday


ちょいワル火遊び馬券【中山記念】【阪急杯】

2018年2月23日(金)02時30分更新
Pocket

中山記念(2月25日・中山11R)

中距離界の新星!ペルシアンナイト

ペルシアンナイトの前走マイルCSは大外⑱番枠からのスタート。前半は無理をせず後方待機から直線では馬群を縫ってゴール寸前エアスピネル以下古馬の一線級マイラーを差し切った。父ハービンジャー、母父SSという配合から1F延長は全く問題なく、5戦3勝④着以下なしの右回りなら不動の本命◎だ。当レース2連勝中のデムーロ騎乗も強調材料。対抗○は当コースのスプリングSを勝っているウインブライト。前走中山金杯②着も含め中山は(2201)の最適舞台。前々で運べる利もあり逆転Vも可。サクラアンプルールの有馬記念大敗は直線での不利がすべて。昨年の②着馬だけに3番手評価の▲とした。GⅠ馬ヴィブロス、アエロリットと単騎逃げマルターズアポジーに△。

◎ペルシアンナイト

○ウインブライト

▲サクラアンプルール

△ヴィブロス

△アエロリット

△マルターズアポジー

 

阪急杯(2月25日・阪神11R)

伸びしろ十分、モズアスコット◎

モズアスコットの前走阪神Cは未勝利から4連勝して臨んだ初重賞で文字通り試金石の一戦。そこでGⅠ馬イスラボニータのレコード勝ちに0.4秒差④着なら大好走だ。今回は2戦2勝と好相性のルメールに手綱を託す必勝態勢で大本命◎。対抗○はこの距離に(2120)と堅実なディバインコード。1F長かった東京新聞杯でも先行して2馬身差⑤着と良く粘っており地力強化を窺わせた。実績断然のレッドファルクスは主戦騎手からの乗り替わり、初コースという課題があり、ここは高松宮記念へのステップとみて▲。特注★はあくまでペース次第だがマイペースの逃げが打てたときのアポロノシンザン。同舞台フィリーズレビューの勝ち馬カラクレナイ以下△印4頭。

◎モズアスコット

○ディバインコード

▲レッドファルクス

★アポロノシンザン

△カラクレナイ

△ダイアナヘイロー

△ヒルノデイバロー

△ムーンクレスト