21
July , 2018
Saturday


「マイリー・サイラスに盗作された」ジャマイカ人歌手3百億円求め提訴 

2018年3月15日(木)03時29分更新
Pocket

 米歌手マイリー・サイラス(25)が盗作で訴えられた。米芸能誌「ピープル」は、2013年のヒット曲「We Can‘t Stop」が“パクリ”だとしてジャマイカ出身のシンガー・ソングライターがマイリーらを相手取り、損害賠償3億ドル(約317億円)を求めて提訴したと伝えた。

 原告マイケル・メイ(47)によると、自身が1988年に発表した楽曲「We Run Things」の歌詞にある「We run things/Things don’t run we」という部分がほぼ同じと主張。マイリーの曲では「We run things/Things no run we」となっている。

 マイケルはまた、歌詞だけではなく、メロディー、リズム、韻の踏み方や曲調も盗用されたとしている。マイケルは当時、“フローガン”というアーティスト名で活動していた。マイリー側は訴訟について今のところコメントしていない。

 マイリーの「We Can‘t Stop」は13年にリリースされたアルバム「Bangerz」の収録曲で、米「ビルボード・ホット100」で最高2位、英国では1位になった。