24
April , 2018
Tuesday


◎血統予想 【中山11R・スプリングS】【阪神11R・阪神大賞典】【中山10R・千葉S】

2018年3月17日(土)11時41分更新
Pocket

【中山11R・スプリングステークス】

新種牡馬リーディングになったものの、重賞勝ちのなかったロードカナロア産駒だが、年明けのシンザン記念で牝馬のアーモンドアイが牡馬相手に快勝して重賞初制覇を飾った。今度はステルヴィオが牡馬の重賞勝ち馬第1号を狙う。母ラルケットはクイーンC3着など4勝を挙げた活躍馬。祖母アズサユミの産駒には2頭の重賞勝ち馬がおり、4代母スイートコンコルドは皇帝シンボリルドルフの全姉だ。母の父はジャパンCを制したファルブラヴでそこにサンデーサイレンス、トウショウボーイ、パーソロンと一時代を築いた種牡馬が重ねられた血統表には日本の歴史が感じられる。

◎ステルヴィオ
○ゴーフォザサミット
▲カフジバンガード
△ルーカス
△エポカドーロ
△ライトカラカゼ

【阪神11R・阪神大賞典】

◎アルバート
○クリンチャー
▲サトノクロニクル
△カレンミロティック
△レインボーライン
△ヤマカツライデン

【中山10R・千葉ステークス】

◎ドラゴンゲート
○マッチレスヒーロー
▲ニットウスバル
△ナンチンノン
△ハットラブ
△アールプロセス