20
May , 2018
Sunday


G線上のホース ヴィクトリアM 「電光一閃」

2018年5月12日(土)07時00分更新
Pocket

東京11R ヴィクトリアM

先週のNHKマイルCは終わってみるとディープインパクト産駒のワンツー決着。時計が速く、高速上がりを求められる舞台になれば、やはり国内では最強の種牡馬でした。これはどのレースにでも応用出来るのですが、当日の馬場がどんな状態なのかを把握する為に走破時計と上位馬の上がり3Fを確認した方がベターです。そして上がり3F上位の馬が馬券に絡めているかどうかも併せて見る。これを繰り返して行けば、必ず競馬が上手になります。今週のヴィクトリアマイルも先週と同じ東京のマイルが舞台になりますが、Bコース替わり、そして中間の降雨の影響がどこまで出るか。熟慮の上の結論を参考にして頂ければ幸いです。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】デンコウアンジュ 自信度★★☆☆☆

◎デンコウアンジュ
○リスグラシュー
▲ジュールポレール
△アエロリット
△ラピットラン
△レッドアヴァンセ
△アドマイヤリード
☆ワントゥワン

土曜は京王杯SCがレコード決着。メンバーレベルがそれ程高いとは思えなかった中での結果だけに、馬が強いというよりは完全に馬場が早過ぎると判断したい。今週からBコースに替わったがインがそれでも痛んでいて思ったよりも伸びない。これは昨秋の大雨の影響だと考えられる。昨年のヴィクトリアマイルは土曜日の雨から馬場が回復していく途中(やや重)で進路取りが難しいレース。今年は正直、ブン回しても届く馬場だけに昨年の結果は鵜呑みには出来ないかもしれない。
それでもだ。典型的な東京巧者が人気薄で出走するのだから狙って損は無かろう。デンコウアンジュは昨年のこのレース11番人気で2着。直線では1頭だけ伸びない外を回って追い込んで来た。勝ち馬アドマイヤリードも3着ジュールポレールも有利な内枠からの競馬だっただけに、真ん中の枠から競馬を進めたデンコウアンジュはそれだけでも厳しい展開だった。東京のマイルは3度有るがいずれも重賞で【1.1.0.1.0】と間違い無く好相性。今年の東京新聞杯ですら4着に食い込んでいる。全てのレースが人気よりも上位に持ってきており、この馬の能力が引き出せる舞台。今年も外枠からになるが、昨年よりは走りやすい馬場なのでそこは割り切りたいし、ピンかパーかを承知でこの馬から攻める。相手にも高速馬場の末脚勝負に強い相手を中心にピックアップ。馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しで勝負する。

【純・推奨馬】

東京9R 青竜S スウィングビート 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
東京での新馬戦は2着馬との接戦になったが、3着馬とは大差だったスウィングビート。父タピットは大の東京巧者で近3走は中山コースで4→2→5着。不得手のコースでも掲示板を確保しており、ここで待望の東京替わり。確かにメンバーは強力だが、このコース替わりでそれを補える。

東京5R 3歳500万下(芝1400m) ニシノジャガーズ 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
今までのモヤモヤが吹き飛んだ様な走りだった前走のニシノジャガーズ。東京の開幕週で時計も出やすい馬場だったが上がりは優秀で他馬とは違う脚で差し切り。上がり2位の馬(8着)とは0.6秒もの差を付けており、時計の裏付けも有る完勝だった。昇級戦でメンバーもそれなりだが、速い上がりが活きる今の東京ならば善戦どころか勝ち負けまで持ち込める。

新潟6R 3歳未勝利(ダ1800m) フィナリザール 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
コングラッツ産駒は今のところ活躍馬は出ていないが、チャイマックスやデブリンといったダートでの成績が圧倒的に良い馬ばかり。デビュー3戦目で初ダートのフィナリザールも当然、それを見越しての出走か。皮肉では無いが、このクラスの馬でもシルク・ホースクラブでは現在満口になってしまう。母系もアメリカンなダート血脈なので変わって貰わないと困るレベル。

東京4R 3歳未勝利(ダ1600m) ダンスメーカー 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
ダンスメーカーに半兄はマーチS勝ちで息の長い活躍をしたソロル。父がエンパイアメーカーに変わったが、母ラバヤデールはゴールドアリュールの全妹にあたり、ペルシアンナイトを輩出したオリエントチャームの全姉。いわゆる追分ファームが誇るニキーヤ一族の血脈で、配合からはダートの大物になってもおかしく無さそう。脚元の関係でデビュー戦が遅くなってしまったが、化骨が遅いエンパイアメーカー産駒だけにむしろプラスに働く可能性も有る。既走馬相手で楽では無いが先々も含めて期待のデビュー戦。