19
June , 2018
Tuesday


今月末で53歳のブルック・シールズ 水着モデル務め美魔女ぶりを披露!

2018年5月22日(火)02時48分更新
Pocket

真っ赤なビキニ姿でしまったボディを見せつけたブルック(@brookeshields/instagram)

真っ赤なビキニ姿でしまったボディを見せつけたブルック(@brookeshields/instagram)

 米有名水着メーカーの広告に登場した米女優ブルック・シールズ(52)が美魔女ぶりを見せつけ、SNSでは「まだまだイケてる」と話題を呼んでいる。

 1978年にルイ・マル監督の「プリティ・ベビー」で“12歳の娼婦”という衝撃の役柄を演じてからすでに40年。今月末には53歳になるブルックだが、年齢を感じさせないバツグンのスタイルに賞賛の声が多く寄せられているのだ。

 米水着メーカー「スウィムスーツ・フォー・オール」は若い世代だけでなく、中年から高齢者にいたるまで、様々な体形の女性を対象に水着を販売。その2018年コレクションのモデルの1人としてブルックが抜擢された。真っ赤なビキニ姿のブルックは、50代とは思えない長身182cmのしまったボディーを披露している。

 ブルックは「プリティ・ベビー」に続いて80年の「青い珊瑚礁」、81年には「エンドレス・ラブ」で世界的にブレーク。米名門プリンストン大学ではフランス文学を専攻するなど、才色兼備のハリウッド女優として日本でも人気を集めた。

 97年には米プロテニス選手アンドレ・アガシと結婚するも2年後に離婚。2001年にテレビプロデューサーのクリス・ヘンチー氏と再婚した。2人の間には娘2人がいる。

2人の娘と一緒のブルック(@brookeshields/instagram)

2人の娘と一緒のブルック(@brookeshields/instagram)