22
August , 2017
Tuesday


ドクターGURIの血統値お調べしましょ

キングハート 地味めの血統ながら「平坦巧者」の背景

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

オープン特別の鞍馬S勝ちに続き、重賞の函館スプリントSでも2着となったキングハート。父オレハマッテルゼ、母の父マイネルラヴという地味めの血統ながら、ここにきての充実ぶりは目覚ましいものがある。短距離王ロードカナロアの母レ... 全文を読む (2017/8/17更新)

オヤコダカ 母系は豪華 父サムライハートの人気回復へ結果欲しい

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

現在、重賞3連勝中で前走の星雲賞では2着馬を3秒1も突き放したホッカイドウ競馬所属のオヤコダカがエルムSに参戦する。母オメガカリビアン(父フレンチデピュティ)は不出走馬ながら祖母ゴッドインチーフは、1999年の牝馬クラシ... 全文を読む (2017/8/10更新)

エピカリス 牝系の祖は春天馬ベルワイドの母コランデイア

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

サンデーサイレンスが米3冠の夢を絶たれたレースで、日本から参戦した孫がその雪辱を果たす――。そんな夢のあるドラマが期待されたエピカリスのベルモントS挑戦だったが、右前肢破行のため無念の出走取り消し。このレパードSが仕切り... 全文を読む (2017/8/3更新)

最強スプリンター・サクラバクシンオーを母の父に持つアドマイヤマックス産駒

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

シンボリディスコは勝ち鞍こそないものの、直線競馬では<0310>と堅実な成績。デビュー直後はマイル戦を中心に使われていたが、アドマイヤマックス(高松宮記念)×最強スプリンター・サクラバクシンオーという配合らしく短距離で頭... 全文を読む (2017/7/27更新)

アリア 4代母はGⅠ10勝歴史的名牝ダリア

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

15年には2歳リーディングを獲得したように2歳戦での強さには定評があるダイワメジャー。今年もすでに5頭が勝ち上がっている。函館2歳Sは15年メジャータイフーン、ヒルダが2、3着したものの、まだ勝っていない2歳重賞。今年は... 全文を読む (2017/7/20更新)

ツクバアズマオー 母系に米、仏重賞馬ズラリ

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

中山記念6着、日経賞11着とここ2戦は結果を残せなかったツクバアズマオーだが昨年、巴賞、函館記念連続3着と好走した洋芝で改めて狙ってみたい。ステイゴールド産駒にありがちな気性の難しさが災いし、高い能力を発揮し切れずにいた... 全文を読む (2017/7/13更新)

カフジテイク 母は隠れた砂の名繁殖牝馬

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

12月のチャンピオンズCで最後方から猛然と4着まで追い上げると、続く根岸Sで重賞初制覇を飾ったカフジテイク。その後もフェブラリーSでは最速上がりをマークし3着、ドバイのゴドルフィンマイルでも5着と好走。昨年のプロキオンS... 全文を読む (2017/7/6更新)

セダブリランテス 昨年のV馬に似た配合

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

昨年の2歳新種牡馬リーディングではルーラーシップには離されたものの、3位とまずまずのデビューを飾ったディープブリランテ。中京2歳Sを制し、阪神JFでも4着と健闘したディーパワンサ、先週の八ヶ岳特別で無傷の3連勝を飾ったリ... 全文を読む (2017/6/29更新)

シュヴァルグラン GⅠ馬の姉妹に追いつくのはこれから

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

キタサンブラック1強ムードだが、メジロマックイーンを破ったメジロライアン、テイエムオペラオーを破ったメイショウドトウなど宝塚記念は「悲願のGⅠ制覇」が達成されたレースでもある。今年、このパターンに最も当てはまるのはシュヴ... 全文を読む (2017/6/22更新)

アンティノウス クロフネ産駒ダート界の大物誕生なるか

BS競馬, ドクターGURIの血統値お調べしましょ

初勝利までに5戦を要したアンティノウスだが、続く500万下も4馬身差で圧勝。デビュー時より20キロ増と馬体も充実。抽選待ちの身ではあるが、重賞でも勝負になりそうだ。母ミクロコスモス(父ネオユニヴァース)は中山スプリングプ... 全文を読む (2017/6/15更新)
1 / 2012345...1020...最後 »